薬剤師求人ランキング

在宅勤務の求人募集

非常に稀少ではありますが、薬剤師には在宅勤務という働き方もあります。薬剤師の在宅での仕事は病院や薬局の調剤や服薬指導の業務から離れ、医師や消費者から医薬品に関する問合せや相談のメール対応、海外の医薬品の最新情報や研究論文などの文献を分かりやすい日本語に訳す翻訳業務などが主な仕事になります。

薬剤師は国家資格のため女性は結婚や出産のブランクを気にすることなく、生涯にわたって続けることができる仕事です。しかし実際には結婚や出産を機に職を離れる女性薬剤師は少なくありません。在宅という柔軟に働くことができる働き方を家庭や子育てに忙しい潜在薬剤師に提起し、薬剤師の経験と専門的に知識を活かした仕事の構築を図る狙いです。

病院や行政機関が積極的に在宅薬剤師を起用し始めているというよりは、製薬会社や医療関連のメーカーが自社製品の問合せに対するスピーディな返答、タイムリーなアドバイスを充実化させることを目的にしているようです。海外文献の翻訳や医薬品の情報収集・整理を行うDI業務を在宅薬剤師にアウトソーシングする形を取れば、現場で働くスタッフに現場でしかできない仕事を回して仕事の効率性を上げ、新しい仕事の創造にもつながります。薬剤師の在宅勤務はまだ未開拓のフィールドではありますが、潜在薬剤師の薬剤師としての知識・経験を企業の情報作業の中に上手く組み込みクライアントの満足が得られるビジネスに発展してくれば、薬剤師の在宅という働き方は増えてくるかもしれません。

さらに前述したDI業務が主な在宅薬剤師の仕事に加え、類似的にフリーランス要素が強い仕事もひとつの在宅勤務型の働き方です。例えば医療事務や診断ツールなどシステム開発に携わるIT関連での仕事、医薬品の市場開拓や開発を企画提案するマーケティングやコンサルティングの仕事、医学・薬学コンテンツの執筆や関係機関を取材するライターとしての仕事など、仕事のやり取りはメールやWEBを通じて行うため出勤するする必要がなく、薬剤師の本職とはかけ離れたところでも、薬学の知識を活かすことができる仕事になります。

こうした在宅型の仕事の内容、1日の仕事量、仕事の流れ、仕事の条件は雇用主により変ります。WEB上に在宅の仕事情報はたくさんありますが、在宅で仕事をする場合、雇用主と顔が見えない中で仕事の受発注があり業務をこなしていかなければならないため、信頼のおける企業機関と仕事をすることが肝要です。安心できる質の良い求人探しは薬剤師の転職・求人サイト活用がオススメです。希望条件や働き方に合わせた求人を紹介してくれますよ!

在宅勤務の求人なら、以下のエージェントの利用が効率的!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.