薬剤師求人ランキング

登録販売者の求人募集

2006年に薬事法が改正になり登録販売者制度が設けられました。薬事法により医薬品の取扱い・販売を行うドラッグストアや薬店には薬剤師を置く義務付けが規定されていますが、この制度の施行により、登録販売者の資格を習得することで薬剤師がいない店舗でも医薬品(第二類と第三類)を販売することが出来るようになりました。登録販売者資格を持つ人が医薬品を販売することができ、消費者もより便利に薬を購入することができるようになる反面、薬剤師の職域に大きく影響することは避けられません。

医薬品は副作用などの薬のリスクをその程度によって第一類、第二類、第三類に分類しています。登録販売者制度がスタートしても、薬のリスクが一番高い第一類の医薬品に関しては販売時に薬剤師による書面での説明義務を課しています。つまり登録販売者資格を持っていても第一類に分類される医薬品は薬剤師でなければ販売することはできません。しかし一般医薬品に占める第一類医薬品の割合は約5%程度とされており、大半の医薬品に関しては登録販売者資格を持った人がいれば薬剤師不在でも薬局を開設することができます。

ドラッグストアなど医薬品の販売店は、高額の給与を支払わなければならない薬剤師よりも登録販売者資格を持った人材を採用する方が人件費コストを低く抑えることができるため、薬剤師は嫌煙されの就職率は落ちる傾向にあるとされています。実際、薬店、ドラッグストア、OTCの求人募集の応募資格には「薬剤師資格または登録販売者資格」とする所も増えており、薬剤師は厳しい局面を迎えているようです。

それでもOTC医薬品やセルフメディケーションなど変遷する健康への取り組みや考え方の中、薬剤師にしかできない仕事は多く、薬の専門家としてのニーズは高いものがあります。特に深刻な人手不足や医療が疲弊する地方においては、OTCやドラッグストアは地域医療の一端を担うとしてその地域における役割が大きくなりつつあるため、その中で薬の相談や症状に合わせて薬の紹介をしてくれる薬剤師の存在は重要です。

登録者販売制度による薬剤師動向への影響は今後も注目ですが、薬剤師は医薬品販売以外の分野で高い知識と専門性を持って様々な職種・業種で活躍できる仕事です。転職を希望している薬剤師の方、新しい仕事を探している薬剤師の方は、マイナビ薬剤師、エムスリーキャリア、DODA薬剤師など薬剤師転職サイトで理想の職場探しをはじめましょう!

登録販売者の求人探しなら、以下のエージェントの利用が効率的!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.