薬剤師求人ランキング

高収入の求人募集

薬剤師の平均年収は約500万円で全体的には安定性がありますが、薬剤師は病院や調剤薬局に限らず、ドラッグストア、製薬会社、医薬品卸業、化粧品や食品などを製造販売するメーカー、消毒薬や農薬など化学薬品を扱う企業、各種研究機関、厚生労働省や保健所などの行政機関など活躍する業種・職種が多様なため、勤務先・業種により年収差があります。

薬剤師の主な勤務先を年収順に見てみると製薬会社、ドラッグストア、病院・調剤薬局に年収が高く、製薬会社の場合には40代管理職で1,000万円を超えるケースや、大手製薬会社のMR職30代前半で年収600万前後、30代後半で1,000円以上というケースも見られます。

ドラッグストアの薬剤師年収が比較的高いのも特徴的です。勤続年数が5〜10年とある程度長い場合や、全国にチェーン展開しているドラッグストアの店長クラスとなると年収は700〜800万円ぐらいを見込むことができるようです。登録者販売制度が施行され今後の動向を見極める必要はありますが、特に薬剤師をはじめとする医療従事者不足が深刻な地方では、ドラッグストアが地域医療の一端を担うとの見方もあり、ドラッグストア薬剤師の存在意義は高く収入面で大きく優遇されているようです。

薬剤師全体の7割が勤務する病院・調剤薬局では年収400〜500万円で平均的水準にあります。この業種の薬剤師の場合、医薬分業で新設する調剤薬局は増加し、それに伴って薬剤師も増えた分、年収・給与は頭打ちの状態にあります。安定性はありますが、医療費削減政策の流れが強くなる中、将来的な昇給を見込むことは厳しいでしょう。

しかしながら沖縄を除く(観光や趣味目的であえて沖縄にくる医療従事者は多い)僻地の病院・調剤薬局勤務では年収1,000万円、月給80万円と通常の薬剤師年収からは考えられない破格のオファーもあるようです。都会での仕事はお給料が良く、地方は給与が低い、というのが一般的ですが薬剤師をはじめ医療従事者の場合、人手不足が極めて深刻で高額支給・厚遇を条件にしなければ人が来ないため年収額がつり上がっています。高額報酬の裏側には厳しい地方医療の現実、過酷な仕事、プライベートにおいても不便でハードな生活が強いられますが、地域医療の一助となりたい薬剤師の方、高収入を即得たい薬剤師の方はチャレンジの価値があるかもしれません。

薬剤師の高収入の求人募集は業種と地域が関係し、条件がより良い求人先、年収UPの成功転職を叶えるには、マイナビ薬剤師、エムスリーキャリア、DODA薬剤師など薬剤師の転職支援サイトを賢く活用し効率よく転職活動するのがオススメです!

エージェントを利用して高収入の職場を効率的に探そう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.