薬剤師求人ランキング

ドラッグストアの求人募集

薬の調剤・製剤、医薬品の供給や管理、薬事衛生などを通して人の健康を守る薬剤師は、その専門性や社会的役割から活躍のフィールドが広く、病院や調剤薬局をはじめ製薬会社、医薬品卸業、ドラッグストア、OTC、化粧品や食品の製造販売を行うメーカー、臨床や化学品の研究機関、治験会社、公務員として厚生労働省や行政機関に勤務するなど様々な業種・職種に薬剤師の存在があります。そのうち薬剤師の主な勤務先となっているのが病院・調剤薬局、製薬会社に次ぎドラッグストアです。

医薬分業が進展し病院と調剤薬局の分業が一般的になった今日に加え、特に地方においてはOTC(Over The Counter Drug)でのセルフメディケーションの観点から、地域医療の一端を担うとしてドラッグストアの果たす役割が少しずつ大きくなっています。その中で薬の相談や症状に合わせて薬の紹介をしてくれるドラッグストアの薬剤師の存在は重要で、薬剤師側にも対面で適切に薬を勧め場合によっては病院での診察を促すテクニックを要します。

ドラッグストアの薬剤師は薬を買い求めに来たお客さんの症状や具合、アレルギーの有無などを聞き、そのお客さんに最も適している医薬品を紹介し、正しく服用することができるようわかりやすく説明する「お薬相談」が主な仕事になります。OTC医薬品を安全に有効に使ってもらいセルフメディケーションへ導くためにも、薬に対する専門性を発揮し薬剤師とお客さんとの間に信頼あるコミュニケーションが重要です。

その他、医薬品の保管期間などを含めた品質管理、医薬品の陳列(医薬品の陳列方法は法律によって義務付けがあるため薬剤師の責務)、薬剤管理の帳簿や薬情の確認作業、またドラッグストアお店としての経営させていく点から、顧客対応、在庫確認、商品発注、ポスターやチラシなど販促ツールを作成したり、お菓子や日用品などお店で販売する医薬品以外の品出しや管理も行わなければなりません。店長クラスや管理薬剤師のポジションともなればパート・アルバイトなどスタッフの勤怠管理、売上金の確認、クレーム対応、会議への出席などの仕事もあります。

そんなドラッグストアでの仕事は年収約500〜700万円の安定した高収入が見込まれまれ、薬を通じて対面で仕事ができる職場です。条件がより良いドラッグストアの求人募集を探すには、マイナビ薬剤師、エムスリーキャリア、DODA薬剤師など薬剤師の転職支援サイトを賢く活用し効率よく転職活動するのがオススメです!

ドラッグストアへの転職なら、以下のエージェントの利用が効率的!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.