薬剤師求人ランキング

製薬会社の求人募集

薬剤師の専門性や社会的役割から、薬剤師が活躍する業種・職種は広く様々で医療機関以外にも化学薬品を取り扱う企業、化粧品や食品を製造販売するメーカー、臨床医薬の研究機関、麻薬取締官や薬事監視員として厚生労働省や行政機関に働く薬剤師もいます。近年は薬剤師の活躍の場はさらに広がりと多様化を見せており、新薬開発の一端を担う治験コーディネーターとしてニーズは高くなっており、コンサルタントやライターなど本職とはかけ離れた職業で薬剤師の知識と経験を活かした仕事をする薬剤師もいます。しかしながら主には病院、調剤薬局、ドラッグストアに加えて製薬会社に就職する薬剤師が大半です。

薬剤師が製薬会社で働く場合、研究職、MR、薬事、DIと職種を選択することができます。しかし多くの製薬会社(特に大手)の研究職は募集人数自体が少ないだけでなく、修士・博士など最高学位レベルの学術知識とスキルを要するポジションのため、学部卒の薬剤師に門戸は開かれていないようです。最低でも大学院を卒業していないと研究職に就くことはできないでしょう。

薬事関連の業務に関わる場合には、許認可申請書や新薬添付文書など重要文書の作成、治験業務、行政対応などを行ないます。薬の知識だけでなく薬事法や薬剤師法など法律に関する知識も求められます。研究職同様、高い学歴も必要です。

製薬会社で多いのがMR(Medical Representative)職です。MRは医薬情報を担当する営業職で、医薬品メーカーの営業マンとして医療機関を訪問し、医師に自社薬剤の有効性、薬物動態、副作用、海外市場動向など医薬品情報を伝えるのが主な業務になります。MRは特に薬剤師資格を必要としませんが、薬の専門知識を持っていた方が優位なことは間違いありません。また製薬会社のMR職は高収入なのが特徴的です。大手製薬会社のMR職30代前半で年収600万前後、30代後半で1,000円以上と平均よりかなり高い年収を見込むことができます。

最近多くなってきているのが製薬会社のDI(Drug Information、医薬品情報管理業務)業務です。DIとは日々更新・アップデートされていく医薬品等の安全情報、緊急安全情報、薬添付文書改定情報、薬事委員会報告書などの新しい医薬品情報を収集、評価、整理し管理する業務です。製薬会社ではコールセンターを設けて消費者のお薬相談や質問に対応したりしています。

より良い条件、希望の職種で製薬会社に就転職したい方は、薬剤師転職サイトを活用し理想の求人を紹介してもらいましょう。自力の転職活動では出会えない製薬会社の求人があります!

製薬会社への転職なら、以下のエージェントの利用が効率的!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.