薬剤師求人ランキング

一般企業の求人募集

薬剤師全体のうち約70%は病院・調剤薬局に勤務していますが、薬剤師はその専門性や社会的役割、薬事法による義務付けから医薬品の取扱い・販売・製造を行う所には薬剤師の存在があります。製薬会社や医薬品卸売業をはじめ、ドラッグストア、新薬開発を担う治験会社、化粧品や食品を製造販売するメーカー、消毒薬や農薬など化学品や薬品の取扱いのあるメーカーなど一般企業で活躍する薬剤師も多くいます。

企業側にとって薬剤師を置くことは企業の商品、または原料として取扱いのある医薬品や化学品、薬品などの管理を正しく整備することで製品管理の徹底が実現します。整備・管理の徹底は企業姿勢や企業ポリシーともリンクし、取り組みへの真摯さは企業イメージにもつながります。
そのため意外に一般企業における薬剤師の求人募集は多く、薬剤師としての可能性を広げるチャンスある職域です。

薬が病気を治し健康を守り、様々な化学薬品が生活を豊かにするものを作り出している反面、口に含んだり直接肌に触れる可能性のあるこうした物質は人体や生命に影響を及ぼしかねないため、適切な医薬品の管理、安全で正しい取扱いが必要です。薬剤師は企業組織の中でそれらの責務を担っており、多くの場合、管理薬剤師として薬剤師と管理者という2つのポジションを兼務した重要なポストに就くことが多いようです。

薬剤師が一般企業で薬事に関わる職に就いた場合には、関係当局や監督官庁への折衝や届出など行政対応、許認可申請書、新薬添付文書など重要文書の作成、医薬品の情報を管理するDI(Drug Information)業務、治験に関する業務などがあります。薬に対する専門知識だけでなく、薬事法や薬剤師法など法律に関する知識を要し、医薬品の安全情報・品質情報に基づく確認作業や情報管理も求められます。

薬品や化学品の製造・取扱いを行う職場の場合には、製造に使用する化学薬品の管理、医薬品など製造の品質管理基準であるGMP(Good Manufacturing Practice)の管理、製造現場で出荷の最終判断を担うなど、場合によっては工場長よりも責任ある立場となることもあります。

製薬会社でMR(Medical Representative)職の場合には、一メーカーの営業マンとして医療機関を訪問し医師に自社薬剤の有効性、薬物動態、副作用、海外市場動向など医薬品提供を行い、治験会社のCRC(Clinical Research Coordinator)職の場合には、新薬の効果や安全性を確かめるために行われる臨床試験(治験)を円滑に進めるコーディネーションを担います。一般企業の薬剤師求人にも好条件・厚遇案件があるのでお見逃しなく!!

一般企業への転職なら、以下のエージェントの利用が効率的!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.