薬剤師求人ランキング

薬剤師と臨床検査技師

臨床検査技師とは医師の指示に基づいて患者さんを検査し、病気の診断や治療方法を決めるための検査データを集め医師へ情報提供を行う技術者です。

臨床検査技師は患者さんから採取した尿、便、血液、痰といった検体を基に細菌やウィルスを検査する微生物学的検査、赤血球や白血球などの状態を調べる血液学検査、細胞組織に試薬を加えて分析する生化学検査、心電図、超音波、脳波、呼吸機能など体の生理的機能を調べる検査を行います。こうした臨床検査技師の仕事では、緻密な検査を何度も繰り返し、病気や治療方針を決める重要なデータを導き出すことが求められます。検査データの内容は病気を診断する上で重要な判断資料となることから迅速且つミスが許されない責務もあります。患者さんとの接点が少なく裏方的ではありますが、臨床に欠くことのできない検査のスペシャリストです。

一方薬剤師とは薬の調剤、医薬品の供給や管理、薬事衛生などを通して人の健康を守る薬のスペシャリストです。薬剤の調合や患者さんへ薬の説明や飲み方を指導する服薬指導をはじめ、医薬品の管理(品質、在庫、購入)、医薬品の品質試験、薬歴管理、注射剤・点眼剤・軟膏剤などを調整する製剤作製、医薬品の安全性・有効性や副作用の情報を集めるDI業務、業種によっては医薬品の陳列、医薬品の許認可申請に携わったり、薬剤管理の帳簿や薬情チェックなどの管理・確認業務も薬剤師の仕事になります。

薬剤師は他の医療従事者に比べて活躍できるフィールドが広く、病院や調剤薬局に限らず製薬会社、化粧品や食品の製造販売を行うメーカー、各種研究機関など様々な業種・職場でその専門性を求められます。

「検査のプロ」の臨床検査技師、「薬のプロ」の薬剤師ともに現代医療に欠くことのできない医療従事職であり、常に自己研鑽に努め、医療人として高い資質を求められる職業です。高い専門性とスキルを持ってプロフェッショナル性を活かして活躍できるだけでなく、病気の治療や健康を守るといった観点から社会的貢献度が高くやりがいのある職業です。

臨床検査技師と薬剤師、将来どちらになるか悩む人も多く大学によっては2つの資格の受験資格を得ることができる所もあり、薬剤師の服薬指導に臨床検査の知識は役立つ要素が多いようです。全体的には仕事の内容・将来性・収入から薬剤師を勧める意見が多く見られますが、激化する競争と飽和状態と言われる薬剤師動向に備え、薬剤師と臨床検査技師、両方の資格を保有するダブルホルダーで薬剤師(または臨床検査技師)にプラスαの付加価値を見出していくことが必要かもしれません。

薬剤師転職の支援サービス ※利用者による人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.