薬剤師求人ランキング

薬剤師の業務について

薬剤師は薬の調剤・製剤、医薬品の供給や管理、薬事衛生などを通して人の健康を守る薬のスペシャリスト。薬剤師はその専門性や役割から他の医療従事者に比べて活躍のフィールドが広く、病院や調剤薬局に限らず製薬会社、医薬品卸業、ドラッグストア、OTC、化粧品や食品の製造販売を行うメーカー、臨床や化学品の研究機関、治験会社、公務員として厚生労働省や行政機関に勤務するなど様々な業種・職種に薬剤師の存在があります。そのため薬剤師の業務は勤務先や業種によって大きく異なります。

例えば病院勤務の薬剤師の場合には、薬剤の調合や患者さんへ薬の説明や飲み方を指導する服薬指導をはじめ、医薬品の管理(品質、在庫、購入)、医薬品の品質試験、薬歴管理、注射剤・点眼剤・軟膏剤などを調整する製剤作製、処方箋解析、医薬品情報の管理(DI)、医薬品の血中濃度を測定し治療薬物効果の判定(TDM)などが主な業務になります。患者さんが薬を安全・適切に服用できるよう薬を調整することはもちろん、薬の用量、服用時期・期間、薬歴(薬の重複や飲み合わせ)などを患者さんの状態に合わせて確認し、薬の効果を最大限発揮できるようテーラーメイドしていきます。医薬品の有効成分を使いやすい仕様に調整、病院独自の薬を作るの調剤・製剤の仕事は病院薬剤師特有の業務です。また最近はICT、NST、PCTなどチーム医療の中で薬剤師として欠くことのできない存在です。

製薬会社でMR(Medical Representative)として営業職についた場合には、一メーカーの営業マンとして医療機関を訪問し、医師に自社薬剤の有効性、薬物動態、副作用、海外市場動向など医薬品情報を伝えるのが主な業務になります。薬事業務に関わる場合には、関係当局や監督官庁への折衝や届出など行政対応、許認可申請書、新薬添付文書など重要文書の作成、医薬品の情報を管理するDI(Drug Information)業務、治験に関する業務などがあります。

薬店やドラッグストアなど医薬品を販売店では、お薬相談や服薬指導に加えて顧客対応、在庫管理(品質・供給・発注)、薬情チェック、医薬品を含めた販売商品の陳列、売れそうな商品の発掘・開拓、POP広告など販売促進ツールの作成、店舗の衛生・設備管理などが業務になります。

薬剤師の業務は薬の知識と専門性をベースに勤務先・業種により様々展開していきます。医薬分業やチーム医療といった医療体制の変遷、治験分野における薬剤師の役割が高まるなど社会的背景やニーズに応じて今後も薬剤師の業務は多様化していきそうです。

薬剤師転職の支援サービス ※利用者による人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.