薬剤師求人ランキング

男性薬剤師の場合

薬剤師は全国の薬剤師約25万人のうち男女比は4:6と薬剤師は男性よりも女性比率の高い職業です。薬剤師は薬のスペシャリストとして高い知識と専門性を持ち、国家資格であるため生涯にわたってプロフェッショナルに活躍することができます。人の健康を守り病気の治療に関わる職務から多くの人と社会に貢献することができ、社会的自立性が強い職業でもあります。最近は現代医療の主流となったチーム医療や薬物療法などの最新医療、予防医学やセルフメディケーションなど健康に対する取組や考え方の変化、OTC医薬品や登録販売者制度など規制緩和により薬剤師の仕事や社会的役割も変化しています。

薬剤師はその職能、専門性、社会的役割から病院や調剤薬局をはじめ、ドラッグストア、OTC、製薬会社、化粧品・食品を製造販売するメーカー、農薬・溶剤・消毒薬など化学薬品を取り扱う企業、各大学等の研究機関、治験会社、学校、麻薬取締官や薬事監視員として厚生労働省や行政機関まで医療や化学品・薬品に関わる様々な業種・職種において活躍しています。どの分野においても性差はありませんが、特に製薬会社のMR職に男性薬剤師は多く見られます。

MR(Medical Representative)は医薬情報を担当する営業職で、医薬品メーカーの営業マンとして医療機関を訪問し、医師に自社薬剤の有効性、薬物動態、副作用、海外市場動向などの医薬品情報を伝えるのが主な仕事になります。医薬品に特化しているとは言え、やはりそこはメーカーの営業マン。忙しい医師を2時間でも3時間でも会ってもらえるまで待ち続けることもあれば、休日を返上してのゴルフや、自分の時間を割いてでも宴席に顔を出さなければならないこともある仕事です。こうした営業職は男女の適正と言うよりは向き不向きがあるようですが、得てして営業職に多いのは男性です。辛い忍耐がある反面、製薬会社のMR職は高収入が見込める職種です。大手製薬会社のMR職30代前半で年収は600万円前後、30代後半では1,000円以上と平均よりかなり高い年収を見込むことができます(薬剤師の平均年収は約500万円)。MR職に特別な資格等はありませんが薬卒・薬剤師のMRも多く、薬の知識が邪魔になることはないでしょう。

MRに限らず薬剤師はその専門性と知識を活かすことができる職場はたくさんあり‘まだ’売り手市場です。条件良く理想的な職場に転職を検討している薬剤師の方は、転職サイトを賢く活用するのがオススメです。マイナビ薬剤師、エムスリーキャリア、ヤクステなど薬剤師の方向けのサイトは求人情報が豊富で充実しているだけでなくプロのコンサルタントが転職活動を徹底サポートしてくれます!

薬剤師転職の支援サービス ※利用者による人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.