薬剤師求人ランキング

女性薬剤師の場合

薬剤師は全国の薬剤師約25万人のうち男女比は4:6と女性比率の高い職業です。薬剤師は薬に関する高い知識と専門性を持ち、国家資格ゆえに生涯にわたってプロフェッショナルに活躍することができます。健康や病気の治療に関わる職務から多くの人と社会に貢献することができ、特殊なスキルを持った技術者としての評価が高く社会的自立性が強い職業と言えるでしょう。そのため薬剤師は女性に人気があり、細かな作業を要する調剤業務、処方箋、医薬品資料などの情報管理や庶務系の業務、患者さんへの服薬指導・コミュニケーションにおいては、女性の特性を活かすことができる、または女性の適正に合う業務が多いという点もあります。

薬剤師はその職能の専門性、社会的役割から医療や化学品・薬品に関わる業種・職種において活躍しています。勤務先は病院や調剤薬局をはじめ、ドラッグストア、OTC、製薬会社、化粧品・食品を製造販売するメーカー、農薬・溶剤・消毒薬など化学薬品を取り扱う企業、各大学等の研究機関、治験会社、学校、麻薬取締官や薬事監視員として厚生労働省や行政機関まで様々です。ほとんどの業種・職種において性差なく活躍していますが、特に調剤薬局や治験会社で女性薬剤師の活躍が目立つようです。

調剤薬局における薬剤師の仕事は、患者さんの症状や病気あわせて薬を作る調剤、薬の効果や副作用のリスク・注意点を伝える服薬指導、薬歴管理、医薬品の管理などが主な仕事になります。 調剤薬局は処方箋をベースに調剤、監査、投薬、薬歴記載を行う仕事のため体力的にハード面も少なく、収入は安定的で比較的規則的な勤務体系のため、家庭や子育てと両立したい女性にはメリットの多い職場となっているのも女性薬剤師が多い理由の一つです。最近薬剤師ニーズが高まっているのが治験分野です。治験コーディネーター(Clinical research coordinator, CRC)、新薬実用化の前に行われる臨床試験(治験)を円滑に進める仕事です。被験者へのインフォームドコンセントをはじめ、被験者からの治験に対する相談や質問への対応、診察同席、服薬指導、日程の調整、収集したデータ管理・報告などを行います。アレンジメントやコーディネーションといった女性のソフトなコミュニケーション能力が発揮できる職種です。

その他にも薬剤師プラスαで女性の特性を活かす、または女性に嬉しい職場(例えば育児サポート完備、パート勤務OK、通勤に便利など)はたくさんあります。条件良く理想的な職場に転職を検討している薬剤師の方は、転職サイトを賢く活用するのがオススメです。

薬剤師転職の支援サービス ※利用者による人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.