薬剤師求人ランキング

薬剤師の平均年収

薬剤師は薬の調剤、医薬品の供給や管理、薬事衛生などを通して人の健康を守る薬のスペシャリストです。薬剤師になるには薬科大学や大学の薬学部で6年間、薬の専門的な知識を中心に薬物療法や臨床、公衆衛生、薬事法、生命倫理などの学問を幅広く学び、基礎から応用におよぶ実験、病院や薬局での実務実習を経て国家試験に合格しなければなりません。常に自己研鑽に努め、医療人としての資質を求められる職業ではありますが、高い専門性とスキルを持ってプロフェッショナルに様々な分野で活躍できるだけでなく、病気の治療や健康を守るといった観点から社会的貢献度が高くやりがいのある職業です。

そんな薬剤師の平均年収は約500万円(月収約37万円、平均時給約2,124円)くらいのようです。一般企業に勤めるサラリーマンの平均年収は約400万円超のため、薬剤師とサラリーマンの間には年収約100万円の差があります。

薬剤師は勤務先が病院や調剤薬局に限らず、ドラッグストア、製薬会社、医薬品卸業、化粧品や食品などを製造販売するメーカー、臨床や化学に関わる研究機関など業種・職種が多様なため、勤務先による年収差が出ています。薬剤師全体では約50%が調剤薬局、約20%が病院に勤務していますが、ここにドラッグストア、製薬会社を加えた4ヵ所が薬剤師の主な勤務先となっています。主要勤務先全てスタートは年収約400万円、勤続3〜5年目ぐらいから年収500万円前後、その後は勤続年数やキャリア、役職の有無で変動してくるようです。年収順では製薬会社、ドラッグストア、病院・調剤薬局に高く、高収入が見込まれる製薬会社の場合、40代管理職で1,000万円を超えることもあり、大手のMR職では30代前半で年収600万前後、30代後半で1,000円以上というケースも見られます。

ドラッグストアの薬剤師年収が比較的高いのも特徴的で、勤続年数が5〜10年、または全国展開しているドラッグストアの店長クラスとなると年収は600〜800万円ぐらいを見込むことができるようです。登録者販売制度が施行され今後の市場動向を見極める必要はありますが、特に薬剤師不足が深刻な地方では収入面で大きく優遇されているようです。

薬剤師全体の7割が勤務する病院・調剤薬局では年収400〜500万円が限度のようです。医薬分業で新設する調剤薬局が増加、薬剤師が増えた分年収は頭打ちです。安定性はありますが、医療費削減政策の流れもあり将来的な昇給を見込むことは厳しいかもしれません。僻地勤務では年収1,000万円近くの求人もありますが、仕事と生活ともにハードになるようです。 

薬剤師転職の支援サービス ※利用者による人気ランキング

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.