薬剤師求人ランキング

病院薬剤師について

最近は、薬剤師の話題をよく耳にするようになりました。薬剤師と一言でいっても、街の薬局(ドラックストア)から病院に勤務する薬剤師、製薬会社に所属する薬剤師までそのフィルドは多岐にわたります。病院の近くでは調剤薬局を見ることが多くなりました。中を覗くと、白衣を着た薬剤師がそそくさと動き回る姿を目にすることがあります。

薬剤師はすっかりと一般の人にも身近な存在として知られるようになりました。また、薬学の専門家として幅広いニーズに応えることが社会的にも要求されています。現在、薬剤師の数は25万人余りいます。約半数の薬剤師は薬局で働いています。病院などの医療機関に在籍している薬剤師は全体の20%になっています。

薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業して、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。かつては薬学部は4年制だったが、2006年度には6年制が導入されました。私立大学では薬学部の新設が相次ぎ、定員は大幅に増加しました。国公立大学の薬学部は軒並み難易度・志願倍率があがり人気の高さを示すことになっています。

これから社会人になる若者には、薬剤師が人気の職業として定着しつつあるようです。しかし、一部では薬剤師の過剰供給が指摘されています。2009年度から登録販売者制度も導入されて、薬剤師の業務と重複する部分も出てきました。近い将来、薬剤師は40万人に達するとの見方もあり、10万人を超える余剰が発生するとの予測が出されています。

薬剤師もうかうかしていられない時代が来ているのかもしれません。専門性をもった薬剤師が必要になっています。高度な医薬業務に携わりたいならやはり病院での薬剤師は魅力的です。専門的な薬学の知識をもち、医療機関で働きたい薬剤師は増えています。病院薬剤師の募集は人気が高いため、思うように就職できない現実があります。薬剤師個人でリクルート活動することは難しい面があります。収入や勤務体系などの条件を考えると、希望の病院を探すことは尚更、高いハードルが待ち構えています。知人薬剤師の紹介にも限界があります。

このような時に役立つのが、転職エージェントです。プロの転職アドバイザーが希望条件の病院を探してくれます。「マイナビ薬剤師」「ヤクステ」「エムスリーキャリア」は、薬剤師転職サービスの大手として知られています。転職をお考えの薬剤師は、是非とも一度、転職サービスをご利用してみてください。その実力を実感できると思います。

↓↓ 病院薬剤師についてのお役立ち情報はコチラから ↓↓



病院薬剤師としての転職なら以下のサイトを利用しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.