薬剤師求人ランキング

保険薬剤師とは

皆さんは、保険薬剤師という言葉をご存知ですか? また、薬剤師とどのような違いがあるかご存知でしょうか? 薬剤師は大学の薬学部において6年の課程を修めて卒業し、薬剤師国家試験に合格することで取得することのできる資格です。しかし、実は、それだけでは保険薬剤師となることはできないのです。ではまず、保険薬剤師がどのようなものかというものについて解説しましょう。

保険薬剤師とは、簡単に言えば保険薬局で調剤を行うことのできる薬剤師のことを言います。そもそも保険薬局というのは、日本における健康保険制度の保険適用を受けることのできる薬局のことを言います。ちなみに、現在ではほぼ全ての調剤薬局がこの保険薬局となっていますので、保険が適用されない調剤薬局は存在しないと言ってもよいかもしれません。

保険薬剤師とは、その調剤薬局で調剤をするために、薬剤師に加えて必要な資格ということになります。資格、とは言いましたが、薬剤師にあるような国家試験などを受ける必要はなく、保険薬剤師としての「登録」が必要になります。

しかるべき手続きを行い、保険薬剤師として登録されなければ、調剤薬局で薬剤師として調剤や保険上の手続き等の業務を行うことはできないのです。一般的に、薬剤師の就職先の多くは調剤薬局と言われています。ですから、調剤薬局に入社した場合、間違いなくこの保険薬剤師の登録を指示されることになる筈です。

しかし、実は保険薬剤師でなくとも保険適用上の調剤を行っている薬剤師がいます。それは、病院内の薬剤部で勤務する場合です。つまり、病院に勤務し、その中で調剤をする場合、保険薬剤師としての登録は不要だということになります。また、少し違った就職先で言うと、ドラッグストア・スーパーマーケットなどに薬剤師として就職するケースが挙げられますが、この場合も、保険薬剤師としての登録は不要です(もちろん、調剤薬局併設型のドラッグストアであれば登録は必須です)。

このように、保険薬剤師は、薬剤師の中でもかなり多くの数を占めるものであり、私たちの生活にとっても欠かせないものです。今では多くの病院が処方せんを出し、別途調剤薬局で薬を手に入れる時代になっています。保険薬剤師は、その調剤薬局で活躍するためには必須の登録であるというわけです。調剤薬局以外の職場から、調剤薬局に転職する場合、この登録を忘れると大変なことになります。多くは調剤薬局側が確認してくれますが、自分でも知識として持っておくことは必要だと思われます。

↓↓ 保険薬剤師さんについての情報はこちらから ↓↓



薬剤師さんの転職なら以下のサイトを利用して効率よく転職しよう!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 口コミ
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
口コミ
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■「転職といえばリクルート」と言われるほど、転職業界で抜群の実績と知名度を持つ、リク
 ルートグループによる薬剤師専用の転職サイト「リクナビ薬剤師」
が堂々の1位に輝く!



 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜8位も含む)をもっと詳しく見てみる


TOP

薬剤師求人サイト一覧

タイプ別で選択

労働条件で選択

薬剤師の種類

薬局別一覧

その他お役立ち関連

リンク関連


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.